失敗しない家づくりなら不動産屋に行く前にフィナンシャルプランナーへ

マイホームを購入するとなると、不動産会社に足を運びたくなります。

 

ですが、急がば回れで、先にフィナンシャルプランナーに資金計算、資金計画、返済計画を相談しておくと、その後不動産会社に行き、マイホームを購入する際に有利になるはずです。

 

そもそも、マイホームは一生に何度も購入することは無く、一度購入すると長期間、あるいは一生そこに住み続けるような、生活の基盤になる大切な代物です。

 

それなのに、いきなり不動産会社に行くのは、相手のペースに引き込まれ、納得できる家を購入出来ないかもしれません。

 

不動産会社は不動産のプロ。しかも、利益を追求しなくては経営がなりたたないからです。

 

土地は生鮮食品などと異なり、劣化することはありませんが、建物は人が住んでいないと、傷みやすいものです。

 

さらに、誰も住んでいない空き家は、放火や侵入など犯罪に遭うリスクも人が住んでいる建物よりもはるかに高いです。

 

そのため、不動産会社は出来るだけ、売れない物件をあまり不動産に関する知識がない、お客さんに売ろうとするのはある意味仕方がない事でもあります。

売れない物件は余計に売れなくなる

近くにもう、半年以上売れない中古の一戸建てがあります。近くに住んでいるので、広告もバンバンだして、現地販売でスタッフも待機しているにもかかわらずです。

 

その一方、広告に出回る前に、不動産会社からの情報を得た方が、購入してしまう物件もあります。

 

この差は不動産に関しては、良い物件の定義が多くの方に共有されていることの裏付けでもあります。

 

人の良し悪しに関しては、相性などさまざまな要因が関係していて、ある人にとって苦手と言われている人も、他の人から好かれる事は少なくありません。

 

売れない物件は、値段が相場に比べて高いのか、近所にトラブルを抱えているのか、間取りが悪いのか、土地や建物が狭いのかなど必ず理由があるはずです。

 

半年以上売れていないと知っていると、誰でも不安な気持ちになるものです。「実際に住んでみたらやっぱり失敗だった」そうならないために多くの人は売れ残り物件を敬遠するはずです。

 

しかし、中には売れ残りと知らずに購入してしまう事もあります。しばらく広告を取り下げていて、再び掲載すれば、知らずに内覧に訪れるお客さんもいるかもしれません。

 

また、会社や家族の都合で、急いで物件を決めなくてはいけない人にとっては、たとえ売れ残りであったとしても、気にしていられないはずです。

 

選択の幅や期間が限定されていればいるほど、失敗につながりやすいのが不動産購入の怖いところです。

 

不動産の購入で失敗しないためには、事前に不動産に関してだけでなく、お金に関しても予備知識をもっていないと、相手の思うつぼです。

 

不動産に関しても法律と一緒で知らないとコストやリスクは増え、知っているとコストやリスクは減る傾向にあります。

フィナンシャルプランナーとの相談で削減費用500万円~1000万円も

住まいの扉のホームページの下の方には、フィナンシャルプランナーに相談した結果500万円~1000万円マイホーム購入費用を削減できた方の喜びの声を掲載しています。

 

住まいの扉とは、マイホーム購入希望者とお金の専門家である住宅マイスターFP(ファイナンシャルプランナー)を結び付けてくれるサービスです。

 

500万円~1000万円も手元にお金が残ったら、別の資産を手に入れるには十分です。金貨や優良企業の株や債券、国債などを購入して、資産運用しても良いでしょう。

 

もともと、手に入らなかったかもしれないお金なので、たとえ価値が下がったとしても、余裕を持ち続けることが出来ます。

 

もちろん、設備のグレードをアップしたり、太陽光発電を設置したり、災害に備えて自家用蓄電池を購入してもお釣りはきます。

 

不動産とは直接関係のない、子供の教育資金や結婚資金に充てることもできます。介護費用もこのくらいのお金があったら違いますね。

 

住まいの扉を利用して購入費用の削減に成功した人の声を見ていると、担当になったFP(ファイナンシャルプランナー)に相談したことが、費用削減につながっていることが分かります。

 

不動産屋さんは、売買や賃貸の仲介なら、ある程度双方の利害を調整したうえで、仲介を行ってもらうことも期待できます。

 

しかし自社物件を売却するとなると、自社に有利な条件や金額に落ち着いてしまうケースもあるかもしれません。

 

一方住まいの扉が紹介してくれるFPなら、中立的な立場からサポートをしてくれるので、このような好結果につながっている可能性は高そうです。

トップへ戻る