オーディンホームは北欧デンマークスタイルの注文住宅

日本の住宅では見られない木製サッシで出来たペアガラスやスカンジナビアンフローリングには木のぬくもりを感じられることでしょう。

 

オーディンホームは工場で生産された部材を用いた住宅ではなく、あなたのライフプランに合わせた、完全自由設計の家です。

 

性能、居住性、デザインなど日本の住宅にはない特徴が数多く盛り込まれています。

 

今日住宅展示場の広告が新聞に入っていて驚いたのは殆どが木造住宅だったことです。

 

私が新築を建てることを検討していた時点では、もう少し軽量鉄骨の家も多かったようですが、木が見直されてきているのでしょうか。

 

鉄筋コンクリートがメインのハウスメーカーも木造住宅も併せて展示されています。

 

断熱・気密・遮熱性が抜群で次世代省エネルギー基準の最高ランク4等級以上を標準でクリアしています。

 

オーディンホームは国が制定する次世代省エネルギー基準の最高ランク4等級以上を標準でクリア。

 

部材と部材の間に生じる隙間を地道に減らしていくことでエネルギーの流出を防止することで冬場の暖かさに貢献。

 

夏場に必要になる遮熱に関しては日射遮蔽の概念を採りいれた建築を行っています。

 

オーディンホームではスカンジナビアフローリングを採用しています。このフローリング夏はヒンヤリ、冬は暖かい無垢材3層(5層)構造の物を使用しています。

 

スカンジナビアフローリングは床暖房の熱を穏やかに伝えるのでジンワリとした暖かさをもたらしてくれるので、エアコンやストーブなども不要でしょう。

私の家では電気式の床暖房を設置しています。

 

最初のうちは物珍しさも手伝って冬場は良くつけていましたが、電気代の節約(結構電気代かかります。)と床暖房面積が半面にならないので電気を30アンペアに変更したのをきっかけに床暖房のブレーカーを落として使用していません。今思うともったいなかったです。

オーディンホームではガラスサッシにもこだわりがあります。なんと木製のペアガラス窓を採用、木製のサッシはなかなかお目にかかれないですね。

 

ガラスは特殊金属膜を挟み込んだLow-Eペアガラスです。特殊金属膜があることで冬は室内の熱を閉じ込め、夏場は日光を大幅にカットしてくれます。

私が家を建てるころには既にペアガラスが出回っていたので、前窓にペアガラスを採用しました。

 

その当時は金属膜を間に挟んだLow-Eペアガラスというのは無かった気がします。

一枚ガラスを経験しているので、ペアガラスの結露が着かない、暖かいなどのありがたみを実感していますが、Low-Eペアガラスはそれ以上の優れものです。

 

今現在の通常のペアガラスは防犯対策という面では十分ではなく、実際に空き巣に入られてしまいました。

 

防犯対策を重視するのなら防犯合わせ複層ガラスがベストです。

 

オーディンホームは1階の床全面に特殊素材のパイプを配管する蓄熱式温水床暖房を標準装備しています。

 

蓄熱式温水床暖房は床全面からの遠赤外線輻射熱で壁、天井、家全体を暖めるものです。

 

現在ヒートショックという居間と風呂場などの温度差が原因で血圧が急変し、脳卒中や心筋梗塞などにつながることがある怖い言葉が有ります。

我が家も居間は南向きで温かいのですが、廊下やトイレ、風呂場は別世界。冬場は居間との温度差は10度位あると思います。

オーディンホームの蓄熱式温水床暖房は廊下はもちろん浴室、トイレ、玄関まで家中を温めてくれるので、冬場のお風呂の心配もなさそうです。

 

オーディンホームの24時間換気システムは約2時間に1回の割合で家中の空気を入れ替えるシステムです。

 

24時間換気システムの特長は家中を新鮮な空気で満たしてくれることです。

 

花粉もフィルターでしっかり除去。ホコリやキッチンの臭いなども気にならなくなるのがポイントです。

 

空気が循環することで壁内結露も防いでくれるので、家の耐久性も向上してくれるのが凄い所です。

 

オーディンホームは地震対策でも抜かりがありません。

 

オーディンホームは地震に強いと言われる枠組壁工法(ツーバイフォー工法)を採用しています。私の家は在来工法ですが、ハウスメーカーを検討した際にはツーバイフォー工法は力を面で受けるので強いと営業担当者に説明を受けた記憶があります。

 

それ以上に大切なのはやはり基礎。オーディンホームは床下のない全面コンクリートの土間床工法を採用しています。

 

構造材の間には地震の揺れを抑える耐震ダンパーを装備しているので揺れやすい2階でも安心ですね。

 

気になる点としては

  • オーディンホームは日本のハウスメーカーよりも完成に時間がかかる
  • オーディンホームの構造材は頑丈な分職人さんが重くて作業が大変

などです。

 

完成までの流れは以下の通りです。

  1. プランニング(要望・ライフスタイル・家族構成・予算などを基にプラン・間取の作成)
  2. プランの提出&打ち合わせ
  3. 見積もり
  4. 契約(支払いは通常契約時10%、輸入材発注時10%、着工時20%、上棟時30%、木工事完了時15%、引渡時15%です。 )
  5. インテリアなど詳細の打ち合わせ
  6. 建築確認申請
  7. 設計図書提出
  8. 着工(希望の場合着工前に地鎮祭を行ってくれます。)
  9. 竣工検査~お引き渡し

 

オーディンホームが気になる方は公式ホームページをご覧になってみてはいかがでしょうか。

トップへ戻る