一人暮らしの高齢者を安心して見守れるサービス特集

一人暮らしの高齢者を安心して見守れるサービス特集

遠くの一人暮らしの高齢者が気になるならさまざまな手段を活用

50代前後になると自分自身の健康だけでなく、高齢の両親が元気で生活しているかも気になるはずです。

 

同居していれば、確かに安心ですが、あまりに近いとかえってお互いにストレスを抱えてしまうことにもなりかねません。

 

このページでは、遠方で暮らす親が心配でなにか良い方法がないか考えている方に、その解決のヒントを解説していきます。

増え続ける高齢者の一人暮らし

高齢者であっても、夫婦で暮らしているなら、それ程心配はありませんよね。夫が倒れたとしても、妻が助けをもとめてくれるからです。

 

一人暮らしの高齢者であっても、働いていたり、地域のコミュニティに積極的に参加したりしている方なら、孤独死のリスクはその分減るかもしれません。

 

会社に出勤してこなかったら、同僚が家族に連絡してくれたり、自宅まで様子を見に来てくれたりしているかもしれないからです。

 

一方、あまり外に出歩かない一人暮らしの高齢者なら、助けをもとめることがむずかしくなってしまうかもしれません。

 

高齢化社会では、一人暮らしの高齢者はますます増えていくでしょう。あまりにも孤独死のことが取り上げられると、一人暮らしの高齢者が借りられる住宅がなくなってしまうかもしれません。

 

このような状況を少しでも抑えてくれるのがこれから紹介するさまざまなサービスです。

安全重視でお金に余裕があるならセキュリティ会社の見守りプラン

セキュリティ会社の広告がたまに入ることがあり、携帯用の緊急通報器をかるくにぎるだけで、警備員が駆けつけてくれます。

 

警備員は状況によっては、救急車の手配を行ってくれるので心強いですよね。もちろん、遠方に住んでいる家族にも連絡してくれるので、孤独死などの状況を避けることは十分可能です。

 

セキュリティ会社はさまざまなオプションがあるので、フルスペックのサービスを導入するとなると、かなりの費用がかかってしまいます。

 

それでも安心を手に入れたいなら、セキュリティ会社の高齢者向き見守りサービスは検討の価値がありそうです。

映像で家族の無事を確認できるWebカメラ

ペットの様子を見るためや防犯にWebカメラを設置している方も多いようです。自宅の様子を手元のスマホに届けてくれるのでとても便利です。

 

導入費用もそれほど高くなく、月々の費用もリーズナブルです。しかも工事が不要なので、アパートやマンションにお住まいの高齢者を見守るのも最適。

 

センサーと組み合わせることで、防犯にも役立ちます。

 

ただし、見守るようにとっては都合が良いWebカメラも、見守られる高齢者にとっては、誰かにいつも監視されているようで、気が進まないかもしれません。

電気の使用状況で高齢の家族を見守るなら「遠くても安心プラン」

電気ポットの使用状況によって高齢者の安否がわかるサービスがあったことを覚えています。

 

ただし電気ポットだと、熱いコーヒーやお茶を飲まない高齢者だと、電気ポットそのものが不要なので、見守りにはなりませんよね。

 

一方、さまざまな電気機器の使用状況から、暮らしぶりを判断できる機器があると便利ですよね。

 

遠くても安心プランは分電盤にエネルギーセンサーを取り付けるだけで、家電の使用状況を遠くにいる家族のもとにスマホをとおして通知が届きます。
これなら、カメラに抵抗がある高齢者も受け入れてもらえる可能性は高いです。

遠くても安心プランの特徴

1つの家電製品ではなく8種類の家電製品の使用状況で家族の今を見守る
万が一の時は年二回まで無料で訪問確認してくれる

万が一の時は年二回まで無料で訪問確認してくれる

いつもと電気の使用状況が異なるから電話をしてみたものの、誰も出ない状況だと、家の中で倒れているのかとか、不安になってしまうことでしょう。

 

そのたびに遠くから交通費をかけて確認しに行っていたら、ホームセキュリティを導入した方が安いほどです。

 

遠くても安心プランなら、年2回までは無料で訪問依頼することができます。家の中までは入る事は出来ませんが、インターフォンに出ない時は、外から部屋の内部の様子をチェックすることまでは行ってくれるようです。

 

幸い、在宅を確認できた時にも、契約者の依頼であったことを伝えてくれるので、高齢者の家に駆けつけることも不要になります。

 

3回目以降は規定の費用がかかりますが、往復の交通費や時間を節約できると考えれば、それ程高いとは感じないのではないでしょうか。

設置工事は作業員が行ってくれる

遠くても安心プランを導入するには、分電盤にエネルギーセンサーを取り付ける必要があります。また、Wi-Fi環境も必要なので、Wi-Fiを導入していない方は、インターネット環境を整備すると良いでしょう。すでにインターネット環境があるなら、Wi-Fiの導入はそれほどむずかしくはありません。

自分自身の経験から

高齢の一人親と一緒に暮らしている状態で、独立して家を出ることを、兄弟に伝えたことがありました。すると、「万が一家で孤独死でもしたら、どうするの」と言われて、独立を思いとどまった事があります。

 

というのも、身近でも新聞やニュースでも、孤独死は他人事ではないことは十分わかっていたからです。

 

しかし、家電の使用状況で家族の安否がわかる、遠くても安心プランがあれば、同じような状況にある方も、希望を優先させることが出来るかもしれません。

 

セキュリティ会社、Webカメラ、遠くても安心プラン、いろいろな機器やサービスで、あなたの自由度が高まれば、高齢の家族もあなたもより良い暮らしが出来るのではないでしょうか。

 

遠くても安心プランの費用は月額2980円(税抜き)。1日にすると100円前後という低コストで安心を手に入れることができます。これに加えて、初回のみ事務手数料が加わります。

 

解約は2年以内だと9500円かかってしまいます。さらに本来の設置作業料を24分割した金額に最低利用期間満了日までの残余月数をかけた金額が加わるので、2年を超えるとか超えないかでコストが違ってくることを頭に入れておきたいですね。

 

高齢者の一人暮らし、遠方の家族、孤独死などのキーワードが気になったのなら、さまざまな方法を検討しておきたいですね。

トップへ戻る