失敗しないトイレリフォームなら床材の張り替えも同時に行えるメディオテクノ

一戸建ての良い所は新築やリフォームでお気に入りのメーカーの設備を導入できることです。

 

賃貸マンションやアパートではキッチンやバス、トイレ、エアコン、給湯器などの選択余地がありません。

 

もちろん賃貸マンションやアパートを貸しているオーナーか管理会社が決めている事が多いです。

 

備品は最高ランクのものを使用するでしょうか。おそらく低価格帯で必要最小限の機能のものが使われるはずです。

 

あまりに高額なものだと、賃貸料に見合わなくなりますし、何年も住む可能性が低いのなら、備品にこだわる必要がないからです。

 

分譲マンションなら、まだ自由度がありますが、一戸建てに比べたら、どうしても自由度は低くなってしまいます。

水周りの製品は劣化しやすい

長期間生活していると、水周りの製品はどうしても劣化しやすい印象です。特に気になるのが給湯器やトイレです。

 

給湯器は10年位経つと使用状況にもよりますが、そろそろ取り替え時期が迫ってくるようです。冬場に給湯器が故障してしまうと辛いものがあります。

 

自宅の給湯器はシャワー中心なのであまり使用しているわけでは無いので、実際に故障してから買い替える予定です。

 

一方トイレは現在交換しようか迷っています。というのは、陶器とタンクの部分は問題ないのですが、ウォッシュレットの部分の動きがぎこちなくなっていて、あまり使っていない2階のトイレと便座部分を交換したことがあるからです。

 

それにしてもタンク部分は、一階と二階ともに故障していないので、シンプルな構造が良いのかとも考えています。

TOTOウォッシュレット一体型トイレ「GG」シリーズ

いま注目しているのが、TOTOウォシュレット一体型トイレ「GG」シリーズです。

 

GGシリーズの前はタンクレストイレも考えていたのですが、値段が高額なことと、今まで通りタンクが有った方が、トラブルが少なそうなので、タンク式トイレでありながら、見た目はタンクレストイレのGGに注目しています。

 

GGシリーズは手洗い付きでシンプルなGG-800もありますが、トイレに手洗いが付いているので、今回はタンクレストイレのようなデザインの「GG」が第一候補です。

TOTOウォッシュレット一体型トイレ「GG」のポイント

  • 従来品に比べ約70%の節水
  • 座ったまま操作できる壁リモコン
  • 汚れが付きにくいセフィオンテクト
  • プレミストで水のコーティング
  • 便座部と便器部の間の溝も掃除できる
  • 停電時でも水が流せる安心設計

 

「GG」には温風乾燥機能が付いたGG2、さらに便座オート開閉機能が付いたGG3もあります。

TOTOウォシュレット一体型便器GGのトイレリフォームも手掛ける、株式会社メディオテクノでは、リフォームに合わせて床材の張り替えも提案しています。

 

床材の張り替えは実はトイレ交換と同時にしかできません。しかも、長年張り替えていないと汚れが目立つはずです。

 

いざ新しいトイレを持ちこんで古いトイレを外してみたら、あまりの汚れに床材の張り替えを思い立つかもしれません。

 

便器が新品なのに、床材が汚れていたりニオイが染みついていたりしたら、せっかくの新品のトイレも台無しです。

 

実際古いトイレと新しいトイレのサイズが異なるなら、床の汚れが目立ってしまうはずです。特に古いトイレが大きくて、新しいトイレがコンパクトなら、床の汚れは目立つはずです。

 

このような理由から、多くの方がトイレ工事と同時に床材の張り替えも行っているようです。

 

メディオテクノでは10種類のデザインからあなたのトイレに最適なものを選ぶ事ができます。

 

タンクレストイレを検討していて止めたのは、電気で動く部分が多かったからです。タンクレストイレは確かに高性能ですが、万が一停電になった時に心配になりました。

 

その点、GGシリーズなら、停電時にも手動で水を流せる機能が備わっているので安心です。

トップへ戻る