部屋探しに役立つサイト特集

毎月の家賃は出来るだけ低く抑えたいもの。しかしあまりに安い物件ではセキュリティ、騒音、日当たり、間取りなどは期待できません。

 

家賃に支払う事が出来るお金の中から、現時点で最高の物件を多くの人は探し求めます。

 

部屋探しは仕事探しと一緒な所が多く、需要と供給、季節、他の人の存在などの影響を受けるのです。

 

このページでは部屋探しに役立つホームページを掲載しています。

 

キャッシュバックキャンペーンなどを上手に活用すれば、初期費用を抑えながらお気に入りの物件を確保する事も可能です。

部屋探しは【レオパレス21】

全国の豊富な物件からリアルタイムチャット機能などを活用しながら、気になる物件を探す事が出来るのが【レオパレス21】です。

 

通常の賃貸物件はもちろん、ウイークリーやマンスリーなど短期から長期まで多様なライフスタイルに合わせて物件を選べる魅力は他社にはない事。

 

「【物件限定】敷金0・礼金0・仲介手数料不要」「賃貸契約で最大家賃2ヵ月分が無料になる賃貸物件」などキャンペーンも豊富です。

6万円以下の格安賃貸専門店【部屋まる。】

地方から東京に上京する方にとって最初の関門が家賃の高さではないでしょうか。地方の家賃相場の1.5倍から2倍の物件もごろごろしているはず。

 

しかし、東京都内の全ての物件が高いわけではありません。部屋の広さ、日照、駅からの近さ、築年数などを妥協できれば、格安物件を見つける事は十分可能です。


首都圏で格安賃貸を専門に取り扱っているのが【部屋まる。】です。

特色

  1. 首都圏での賃貸物件はすべて紹介可能
  2. 6万円以下の物件数はトップクラス
  3. 格安のデザイナーズ賃貸などもあり
  4. 部屋まる。安心サポートで引っ越し手続きや入居後のトラブルを一括支援
  5. 各種キャンペーンも開催
各種キャンペーンがうれしい

【上京者応援キャンペーン】は遠方からのお客様は12,000円分贈呈してくれます。また、 【引っ越しお急ぎキャンペーン】は、引っ越しを急がれていて3週間以内に物件をご契約された方は10,000円キャッシュバックしてくれます。

 

いずれのキャンペーンも適応条件をよく確認してから申し込む必要があります。また、キャンペーンが終了してしまった場合はご了承願います。

 

安かろう悪かろうではなく、素敵な部屋でありながらより安くがコンセプトの【部屋まる。】は格安物件専門店の中では、実績・サービス充実度ともに首都圏トップクラスです。

 

安心の目安「オートロック付き物件」はかなりの数がありました。物件検索もサクサク出来て楽でした。

 

【部屋まる。】は新入社員や学生、生活保護受給者や求職者など、金銭面で格安賃貸を求めている方に特に利用されているようです。

コンシェルジュがあなたの代わりに部屋探し【イエプラ】

深夜0時まで担当コンシェルジュが対応してくれる【イエプラ】は日中忙しくて部屋探しどころではない方にも安心な物件探し代行サービスです。

 

物件探しは担当コンシェルジュとリアルタイムのチャットで行えるのでメールのように返事を待たされる心配もありません。

 

対応エリアは、東京・神奈川・埼玉・千葉の一都三県。お気に入りの物件の内見予約までネットで行えるので人気物件を素早く確保したい方にも向いています。

おトクでラクにお部屋を探せる【ノマド】

仲介手数料完全無料のネット不動産屋【ノマド】は既に14万名(2016年8月時点)の方が利用しているとのこと。対応エリアは東京都全域と神奈川県東部でありながら、この実績は驚きです。

 

来店不要で物件紹介、内見予約、営業オペレーターとのやり取りが出来る店などが評価されているものと考えられます。
部屋探しに役立つサイト特集
休日などに半日から丸々1日かけて不動産屋をハシゴする必要も無いので、忙しい方や時間を大切に使いたい方には魅力のある不動産サービスです。

 

仲介手数料は3万円(税抜)、部屋の持ち込みも可能なので、他の不動産情報サイトで見つけた部屋のチェックも行ってもらえます。

 

不動産も良い物件でお手頃の価格の物件はすぐに埋まってしまいます。賃貸料と物件の価値を素早く判断するには、様々なサービスを上手に活用していくと良いでしょう。

シェアハウスとアパートの良いとこ取りのシェアドアパートメントで家賃を節約

賃貸住宅に住んでいる方なら、もっともお金がかかるのが家賃ではないでしょうか。

 

手取り20万円だとして、毎月9万円が家賃で消えてしまったら、実質的に毎月使えるお金は11万円スタートになります。

 

そこから、食費やスマホ代などを支払っていけば、趣味に使えるお金も限られてしまいます。

 

貯金だって難しいのなら、家電製品が壊れた時の買い替えが難しくなってしまいます。


家具や家電付きのシェアドアパートメントなら、そのような心配なく、都心に生活拠点を築くことができるのです。

家賃3万円で都内に住めるのなら余ったお金を好きに使うことができる

毎月の家賃が9万円かかっていた方が、3万円に抑えることができたら、自由になるお金が単純計算で6万円増えることになります。

 

なかなかお給料アップが望めないのなら、固定費でもっとも多くを占める、家賃に切り込むのが手っ取り早いです。

 

毎月6万円なら、年間で72万円。10年だと720万円も自由になるお金がかさ上げされる計算です。

 

720万円もあったら、ちょっとした資産を手にすることもできますし、地方に帰って住宅を購入することだってできるかもしれません。

 

もちろん、お金が足りなくて、我慢の限界を迎えていた趣味にお金を使うこともできるようになります。

プライベート空間があるから自由度が高い

シェアハウスとアパートの良いところを取り入れているシェアドアパートメントは、水回りをシェアすることで、初期費用と家賃を大幅に抑えることが出来ているのです。

 

アパートと一戸建てを比べた場合、同じ面積ならアパートのほうが建築コストが高くなりがちです。大きな理由としては、各部屋にトイレやキッチン、シャワールームなどを設置しなくてはいけないからです。

 

アパートがシェアハウスと比べ、家賃が高いのは水回りのコストも上乗せされていると考えると分かりやすいかもしれません。

 

水回りは10年とか20年とかすると、ガタが来てしまい、大家さんは修繕コストも計算しなくてはいけないので大変です。

 

一方、一戸建てなら、それらの設備は最小限で済ますことができます。

 

設備コストの高い水回りを同居する人とシェアすることで、少ない家賃で暮らせるのがシェアドアパートメントです。

自由に物件間の移動もできるので安心

プライベートがしっかり確保されているシェアドアパートメントと言えども、水回りは共有なので、同居人との相性は気になるものです。

 

それが嫌でシェアハウスを敬遠している方もいらっしゃるかもしれません。シェアドアパートメントなら、3500室以上の物件間の移動は無料で行えるので、万が一気に入らない物件に当たってしまったとしても、すぐにやり直しができるのです。

 

もちろん、就職したり、転職したりして、住む場所を変えたくなった時にも、自由に物件の移動をできるシェアドアパートメントは威力を発揮します。

トップへ戻る