老後に必要なお金を貯めるにはリスクと向き合う必要がある

老後に必要なお金は年金とは別に2000万円必要と言われています。いきなり2000万円用意するのは難しくても、毎月確実にお金を貯めたり増やしたりしていけば、残りの人生によっては十分間に合います。

 

年金を受け取れる年代になって、ゴールしたと思ったら実は2000万円余分に必要だったと言われたらそれこそ宝くじの高額当選にすがるしか方法がなくなってしまいますよね。

 

反対に十分時間がある時期から、老後のお金が足りないことがわかっているなら、いくらでも対応できるはずです。

 

特に若い世代の方やある程度多くの収入がある方なら、貯金以外にも投資に余裕資金を回す選択肢も出てきます。

リスクの心配ばかりしているとかえってリスクを引き寄せてしまうことも

誰でも安全にお金を貯めたいものです。ですが、リスクを避けようと毎月1万円ずつ貯金していては年間12万円で、2000万円貯めるには約167年の年月が必要になります。

 

20年間貯めたとしても、240万円にしかなりません。老後の資金として240万円しか用意できなければ、かえって老後にリスクを抱えてしまうことになるのです。
老後にお金が足りなくても確かに働き続ける制度は整いつつあります。定年の延長や年金の受給開始年齢の段階的な引き上げなどがそれにあたります。

 

足りないお金を稼ぎ続けるのも一つの方法ですが、体力や頭の働きなどは若い時と比べるとどうしても衰えてしまうので、昔よりも高収入を得られないことは確かです。

 

しかも健康面に不安を抱えてしまうと、働くことさえ出来なくなってしまいます。そうなると選択肢が限られてしまいます。

 

ここからは、2000万円貯める方法を具体的に考えていきましょう。

若ければコツコツ貯金しても十分間に合う

貯金も利息が高ければ、お金を貯めるだけでなく、殖やすこともでき、その分2000万円貯めるまでの期間を短くできますが、利息が低い状態ではそれも期待できません。

 

ここでは65歳までに2000万円貯めるにはどれ位の貯金が必要なのか具体的に考えてみます。

  • 30歳で35年間お金を貯めるとするなら、年間約57万円。月に換算すると4万7500円貯めていけば、目標金額に到達します。
  • 40歳で25年間お金を貯めるとするなら、年間80万円。月に換算すると約6万7000円貯めていけば、目標金額に到達します。
  • 50歳からだと15年しかなく、年間133万円。月に換算すると約11万円貯めていくと2000万円に到達する計算です。
  • 60歳からだと5年しかなく、年間400万円。月に換算すると約33万円貯めてようやく2000万円に到達する計算です。

これらの事例を見ると、やはり若い時から貯金する習慣を身につけておくと、老後に必要とされるお金も貯まることがわかります。

 

反対に高齢になればなるほど、貯金に回すお金が高額になるので、生活がギリギリになってしまいます。

一発逆転を狙うなら宝くじや株式投資

もう老後まで時間がないのなら、お金を得る手段は限られてしまいます。

  • 年金では足りない金額を補填するために老後も働き続ける
  • 運を頼りに宝くじの高額当選を狙う
  • 株式投資で10倍になる銘柄を探す

健康な方や体力に自信のある方、あるいは働くのが楽しい方などは、働き続けることも十分可能です。宝くじの高額当選は狙っていても当たるわけではないので、期待しすぎなければ夢をふくらますことはできます。

 

値上がりが期待できる株を購入して、10倍とか20倍になった時に売却できれば、お金は一気に増えることも考えられます。

 

株は損する可能性も同じかそれ以上にあるので、生活資金を回すわけにはいかないので注意が必要です。

どうしても間に合わなければ人脈や健康を大切にする

2000万円必要と聞いたのが、すでに年金受給年齢に差し掛かってからだと、選択肢が限られることは先ほど説明したとおりです。

 

ですが、お金を貯める以外にも、資産を残す方法に目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

その一つが人脈です。人とのつながりがあれば、あなたが困っていた時に手を差し伸べてくれるかもしれません。

 

反対にいくらお金があっても、人脈という資産がなければ、楽しい老後は送れない可能性があります。

 

もちろん健康も大切です。病気にならないで健康に暮らしていければ、それだけで出費を抑えられるので、普段から人脈と健康づくりを心がけたいものです。

今の楽しみを見失わない

老後にお金を蓄えても、それだけで物事がうまくいくとも限りません。例えば1000円で買えていたものが、老後に2000円になってしまったら、インフレの分余計にお金を貯めていかざるを得ないからです。

 

これらの不確定な要素に振り回されてしまっては、現在の生活が犠牲になってしまいます。

 

老後に備えるのも良いですが、それ以上に現在の生活を充実させていけば、その延長線上にある老後もきっと楽しく迎えられるはずです。

 

物の値段が半額になっていたのなら、2000万円で十分足りることも考えられます。

 

いずれにしても、楽しみはできるだけ節約しないように生きたいですね。

1億円の資産を築くのは大変だけど見返りも期待できる

1億円以上の資産を築くのは多くの人にとって夢ですが、ですが普通に貯金していては、1億円以上の資産を作るのは大変です。

 

例えば、毎月5万円貯金すると年間60万円。このペースで1億円を築き上げるなら、約167年もかかる計算なので、毎月5万円の貯金だけでは、絶望的といえます。

 

毎月10万円を貯金するとなると年間120万円。1億円に到達するには、約83年かかる計算です。手取りで30万円くらいある人やボーナスを受け取れる方なら、可能かもしれませんが、年数がかかりすぎです。

 

毎月50万円を貯金できるなら、年間600万円。このペースだと1億円に到達するには、約17年で済むので、かなりの月収を得ている人なら、1億円の資産を築くのは、現実的ではあります。

 

ただし、毎月50万円も貯金できる人は限られますし、それ位の収入があるのなら、将来の年金なども充実しているはずなので、あまり1億円の資産にこだわる理由もありません。

 

どのケースも利息がある程度つけば、追い風に乗って、期間を短くできるかもしれませんが、今のような低金利の状態が続く限り、追い風は期待できません。

 

高い預金金利が期待できないのなら、投資による追い風に乗るのが一つの方法になります。

月5万円で1億円の資産を築くなら無料のゴイチWebセミナー

先ほどの事例で、もっとも多くの方が目指せるのが、月5万円の積み立てになります。この金額をどのように運用しながら、1億円に到達できるかというと、高い預金金利が期待できないので、投資による力を借りるのが現実的な選択肢といえます。

 

ゴイチセミナーは、文字通り月5万円で資産1億円を作るための無料Webセミナーです。

ゴイチセミナーで学べる内容

  • 本業、副業、節約、資産運用から資産を増やすための最適解
  • 資産形成のポイント
  • 資産形成期の行動ポイント
  • 世界経済の成長を味方にするコツ
  • 宝くじと株式投資の比較
  • 1億円を作るために重要な4つの期とは
  • アクションプランを作る方法

月5万円で1億円に到達するためには、いろいろな方法を組み合わせなくてはいけません。ゴイチセミナーでは、資産運用以外にも、本業、副業、節約の合計4つの方法を組み合わせて、1億円を目指すので、1つだけの方法よりも、安定性が高いといえます。

 

資産形成のポイントは、過去の歴史を振り返って、給与上昇率と資産上昇率の指標から、どのようにして資産形成していったらよいのかを教えてくれます。

 

富裕層といっても、いろいろなタイプの方がいらっしゃるので、自分にあったタイプの富裕層を早めに見つけると有利になります。

 

投資による追い風に乗るには、世界経済の成長を味方につける必要があります。ゴイチセミナーでもそのことを学べます。

 

1億円を手っ取り早く作るには、宝くじを思い描いた人もいらっしゃるはず。セミナーでは宝くじと株式投資の二つを徹底比較してくれるので楽しみですね。

 

誰にもモテ期があるように、金運に恵まれるのにも、大切な4つの期があるとのことです。

 

いろいろな知識を手に入れても、実行しなくては絵に描いた餅なので、必要なアクションプランを作る方法も学んでいきましょう。

ゴイチセミナーのポイント

  • ファイナンシャルアカデミーが開催
  • 無料のWebセミナーなので自宅で受講できる
  • 1億円の資産を築いた富裕層を研究分析

ファイナンシャルアカデミーといえば、不動産投資スクールやマネーセミナーでもおなじみなです。

 

無料になるのは、ファイナンシャルアカデミーの講座を過去に受けられていないことが条件となっています。

 

2回目以降の参加は受講料が発生するのも頭に入れておきましょう。

 

Webセミナーのタイプは2つで、収録映像の受講時間は2時間30分で、視聴期間は申し込みから7日間です。


生放送の受講時間は1時間と収録映像よりも短いですが、講義の最後にはチャットで質問できるので、わからないことを事前に整理しておくと良いでしょう。

 

どちらも、初回の方に限り無料で受講できるので、自宅で時間があるときに講義を受けておきましょう。

ゴイチセミナーの受講生の声にも注目

ゴイチセミナーを申し込む前に、受講生の声をご覧頂くと、実際にセミナーに参加した人が、ゴイチセミナーで大きな刺激を受けて、意識が変わっているのを感じられるはず。

 

ある方は、会社員を続けながら、サラリーマン大家となり、一戸建てとアパートの購入を決めていますし、家賃は払うものから受け取るものへと意識が変わった方もいました。

 

ゴイチセミナーのホームページでは、実際に1億円以上の金融資産を築いているのは、日本では約2%の世帯に過ぎないので、険しい道であることは変わりありませんが、なにもしないで老後を迎えるよりも、はるかに裕福になれるのは確かなようです。

1億円の使い道をイメージしておくとモチベーションアップにもつながる

漠然と1億円を手にしたいとか、老後に備えたいとかだと、あまりやる気が湧かないかもしれません。その点、若い方なら、老後を待たずに、1億円手に出来たら、その後の人生を有意義なものに出来ることでしょう。

 

例えば、マイホームを現金でポンと購入したり、1棟アパートをローンも組まずに購入したり、自分の趣味を極めたりするもの良いかもしれません。

 

できたら、30代以前の若い世代で、億り人になれれば、1億円をベースにさらに資産を積み増せるのも夢ではありません。

 

ゴイチセミナーを受講してみて、気に入ったら、そのまま有料の講座を受講してみるのも良いでしょう。

 

いずれにしても、ゴイチセミナーがきっかけで、あなたの人生が好転することを祈っています。

トップへ戻る